2010年03月05日

日本航空 女性スタッフで「ひなまつりフライト」運航(毎日新聞)

 桃の節句の3日、航空機の操縦や機体整備などほとんどの業務を女性スタッフが担当する日本航空の「ひなまつりフライト」が運航され、羽田空港(東京都大田区)を飛び立った。

【写真特集】JALが昨年行ったひなまつりフライト

 フライト便は、午前9時半出発の熊本行き1803便(ボーイング767−300型)。まだ女性機長がいないため、機長と整備責任者は男性が担当したが、副操縦士や貨物の搭載、出発前の機体整備などは女性20人が手がけた。

 搭乗口には、桃の造花が飾られ、女性スタッフが横断幕を持って整列。副操縦士の立川円さん(32)が「いろいろな報道があるが安全と快適に注意し、一便一便運航していきたい」とあいさつ。乗客約150人に手書きのメッセージカードやひなあられをプレゼントした。

 全日空も同日、同様に「ひなまつりフライト」の航空便を羽田空港から運航した。【平井桂月】

【関連ニュース】
【写真特集】全日空:「モヒカンジェット」20年ぶりに復活
【写真特集】羽田でみられる飛行機図鑑
【写真特集】世界最大の旅客機 エアバスA380
【写真特集】羽田空港 Tokyo International Airport

社会保障充実で不安解消を(医療介護CBニュース)
岩手、高知で1.2メートル=太平洋側各地に津波−65万世帯に避難指示・勧告(時事通信)
3割が「毎日弁当を作る」 「節約」重視で作る機会も増(産経新聞)
首相、視察にかこつけ選挙運動? 栃木、山梨でも(産経新聞)
カセットこんろ爆発 5年で135件8人死亡(産経新聞)
posted by ヤハギ マサユキ at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

鳩山首相「韓国の活躍もお祝いしたい」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日夜、バンクーバー五輪フィギュアスケート女子で浅田真央選手が銀メダルを獲得したものの、韓国の金妍児選手に敗れたことについて「韓国、強いね。韓国のめざましい活躍もお祝いしたい」と述べた。首相官邸でで記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

【フィギュア】

 −−バンクーバー五輪で金選手が金メダル、浅田選手は銀メダル。その他も日本人選手の健闘が目立つ結果になったが、どのようにごらんになったか

 「浅田真央選手おめでとう。あの、男女ともフィギュアは6人全員入賞だってうかがいました。すばらしい快挙だな。そう思います。ま、金妍児選手は圧倒的に強かったという話ですから、私は銀メダルすばらしかったと。国民挙げて喜び合いたいと思います。やはり、冬のオリンピックのある意味での目玉ですからね。国民の多くが期待していたと思います。素直におめでとうと申しあげたいですね」

 −−日韓でスポーツでさわやかに競い合ったという点に関しては

 「韓国、強いね。ええ。あの、韓国のめざましい活躍もお祝い申し上げたいと思いますが、私は日韓でこういった冬のオリンピックを盛り上げるということは、これは日本と韓国にとっても大変すばらしいんじゃないかなと。お互いに競い合うということはね、大事なことですから、よかったんじゃないでしょうか。今度は、でも、それは日本が勝つぞという、ある意味で、さらに意欲がわくんじゃないでしょうか」

【米軍普天間飛行場】

 −−変わって米軍普天間飛行場移設問題だが…

 「急にまた…」

 −−国民新党や防衛相から辺野古陸上案に関する発言が相次いだことで、沖縄県議会では県内移設反対の意見書が可決されたり、今日は仲井真弘多知事が県内はお断りせざるを得ないという状況があり得るかもしれないと発言するなど動揺を誘っている。この問題の対応が政府・与党の沖縄基地問題検討委員会に一元化されていない現状についてどのように考えるか

 「いや、もう一元化されているんです。いろんな発言がありますけど、何も決めているわけではありません。その中で憶測でいろんな声が出ているということでありますが、政府としてアメリカと交渉しているわけでも、まだ沖縄のみなさんともお話申し上げているわけではありません。いろんな憶測が出ているだけの話です。私どもとすれば、5月末までに必ず決めるという方針通りに動いているということでありますから、動揺というものが極力抑えられるように政府としても努力しなきゃならんことは言うまでもありませんが、私どもとして沖縄のみなさんにも理解いただき、アメリカのみなさんにも日米の安保の中で、理解が得られる、そういう解決を必ず行うと。その決意であります」

【所得税】

 −−最近、海外のプライベートバンキングなどを使った税逃れの摘発が相次いで問題となっているが、菅直人財務相も所得税の累進制をこれから見直していきたいと発言するなど、こうした問題が今後課題になると思う。首相は富裕層が納め甲斐を持って納税してもらうためにはどのようにすればいいと考えるか

 「納め甲斐?なるほど。私は所得税の議論というのはね、大変重要な議論で、税調が税調の中で、また、次の税制改正に向けて次の大きな議論が始まったということは、これは、税こそ政治だと思いますし、政治は税だとも思っておりますから、真剣に行ってまいりたいと。その中でもやはり、所得税のあり方、特に富裕層、お金を持っておられる方の所得税の議論というのは、これは1つあり得る話だなと思っております。ただ、あまり私からこの件、1つ1つに対して今、申しあげる立場ではないというか、申しあげるタイミングではない。そのように思っていますから、この程度に申しあげておきます」

【高校授業料無償化】

 −−朝鮮学校を高校無償化の対象外にした場合は首相の友愛精神に反するとは考えないか

 「うん…。まだ、これ、結論が出ていませんからね。したがって、こうなった場合という話はなかなか論じられないと思いますが、私どもとして、国交の、しかしながら、ない国とね、国交がない国だからどういう教科内容かも調べようがないという中で、同じように扱うということが、この日本の国民のみなさんにとって望ましいかどうかという議論は行わなければいけないと思います。そういう中でどういうふうに結論するか、決めてはまだいませんが、やはり、基本的、常識的には日本人と、それから国交のある国の方々というものが優先されることはそれほど無理のない話ではないかと思います。ただ、友愛というのは体制の違う、そういった国々とも、だからといってけんかをするということはふさわしくないという思いは当然あります」

【外国人参政権】

 −−外国人参政権についてうかがいたい。原口一博総務相が永住外国人の地方参政権(選挙権)の付与法案について、政府提案はなかなか難しいと今日の記者会見で発言した。首相も同じような認識か。もしも政府提案が不可能な場合に、民主党代表として議員立法を推進するということを指示するか

 「原口大臣が担当の大臣として思いを述べられたかもしれませんが、まだこれは、政府提案をしないということではありません。やはり、その背景の中にはですね、いわゆる選挙にかかわる話ですから、これはむしろ、各党が議論をしながら議員立法でやるべきではないかという筋論があるのは事実だと思います。ただ、その方向に決めたわけではありませんし、やはり大きな問題ですから、政府でしっかりと議論をするべきだと思っているところもあります。したがいまして、決めているわけではありません。与党3党の中で意見のすりあわせというものが、まだ必ずしも十分に行われていないと思いますから、こういうことも含めてこれから詰めていく必要があろうかと思います」

【寄付税制】

 −−「新しい公共」に関連して、首相がNPO(民間非営利団体)などの税制の早期のとりまとめを指示したが、首相は具体的にどういった税制を考えているか

 「私は、まずNPO法人の多くがですね、大変新しい試みをされているにもかかわらず、なかなか財政的には厳しい状況が続いていると、したがってそういったいい仕事をされているNPOの方々に対して寄付をするような時に、その寄付がしやすい環境を整備すると、それは税制で出来るんではないかと、私は税額控除というものもそのなかで考えるべきではないかということを指示したところでありまして、そうなると決めたわけではありませんが、それがひとつの有力な提案であるのではないかと、真剣に検討して欲しいということを申し上げたところです」

 −−国民が好きなNPOに寄付すると税額控除が受けられるとか、そういったことを想定しているか

 「例えば、そういうものもあると思いますが、どういう仕組みにするかと、あるいは税額控除になるのかならないのかということは、これはかつてから、もう10年以上前からですね、議論しながらなかなか、これは役所の壁を破れなかった議論であります。ここは新政権ですから役所の壁などないという発想のなかでいきたいと思っておりまして、これは新しい時代の幕開けに相応しい税制だと、私はそのように考えておりまして、なんとしてもやりたいなと、そう思ってます」

【関連記事】
浅田の銀メダルを祝福 首相「韓国、強いね」
頭に血がのぼった首相「私にも答えさせて!」
小沢氏の国会説明で首相「本人に任せる」
朝鮮学校の無償化で首相「結論が出ていない、検討中」 中井氏は改めて反対
川端文科相、慎重姿勢崩さず 朝鮮学校の無償化問題 

未承認薬・適応外薬検討会議で保険支払い検討を(医療介護CBニュース)
普天間県内移設反対で意見書=沖縄県議会24日可決へ(時事通信)
<1票の格差>東京高裁判決 「違憲」明言なしに原告不満も(毎日新聞)
政府、ベトナムに原発売り込み=鳩山首相がトップセールスへ(時事通信)
<アパート火災>2人が心肺停止 4歳と2歳の姉弟か 宮城(毎日新聞)
posted by ヤハギ マサユキ at 13:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

外国人参政権法案の政府提出は困難 原口総務相ら(産経新聞)

 原口一博総務相は26日の記者会見で、政府が今国会への提出を検討している永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「総務省内で議論の整理を行った。民主主義の基本にかかわることなので、国会で議論してもらうことが必要だ。連立与党内でも立場が異なっており、政府提案はなかなか難しい」と述べ、今国会への法案の政府提出は困難との考えを示した。

 外国人参政権の付与をめぐっては、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が「国民新党が反対している限りは絶対に日の目を見ない」と反対しており、民主党の一部議員も異論を唱えている。

 平野博文官房長官も同日の記者会見で、国民新党の反対に関し、「政府として出せるものなら出したいという話でやってきたが、連立政権だ。連立の合意を取らなければ、政府から提出することは大変厳しかろう」と指摘した。

 ただ、平野氏は「理解を求めて、できるものならばやっていくべきだとの考えはまだ持っている」とも述べた。

 選挙制度の所管閣僚である原口氏と、内閣の調整役の平野氏が政府提出は困難との認識を示したことで、民主党内の参政権法案推進派は、議員立法による提出を模索することになりそうだ。

【関連記事】
民主・川上氏、外国人参政権「ガンガン議論」
外国人参政権 政府・与党反対派の「声なき声」
外国人参政権 付与の法的根拠が崩れた
外国人参政権「反対」を可決 栃木県議会開会、58件を上程
「外国人参政権判決は金科玉条ではない」園部元判事の証言要旨

複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で−第2回検討会(時事通信)
川端文科相、慎重姿勢崩さず 朝鮮学校の無償化問題 (産経新聞)
<国会>24日も与野党が対立 自民は衆院の全委員会を欠席(毎日新聞)
大阪市長、小沢幹事長らに生活保護制度の抜本改正を要望(産経新聞)
都教委、都立高で近現代史特化の科目「江戸から東京へ」を導入へ(産経新聞)
posted by ヤハギ マサユキ at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。