2010年04月20日

超過勤務、過大報告させ手当受給…神戸の財団(読売新聞)

 神戸市の外郭団体「先端医療振興財団」は12日、課長級の男性職員(58)が2008年4月〜09年11月、女性職員(32)に超過勤務時間を過大に報告させて計190時間分の手当31万1000円を受給させていたと発表した。

 財団は男性職員を減給(平均賃金の1日分の半額)、女性職員を戒告の懲戒処分にした。女性は手当を返還する方針。

 発表によると、08年3月、文部科学省から同財団への委託事業に関連して財団が職員を募集し、書類選考や面接をへて、女性の採用を決めた。

 しかし、雇用契約を結ぶ段階になって女性が給与面で難色を示し、採用を担当していた男性職員が独断で月10時間程度の超過勤務手当の水増しを口頭で約束したという。

 昨年12月、文科省に匿名の投書があり、発覚した。

欧州便4日ぶり運航、ミラノ行き成田を離陸(読売新聞)
<環境省>雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)
高齢ドライバーらの専用駐車区間、全国に362か所―警察庁(医療介護CBニュース)
<生活保護>「囲い屋」排除 申請段階で住宅提供 大阪市(毎日新聞)
山内議員の元秘書に支払い命令 東京地裁(産経新聞)
posted by ヤハギ マサユキ at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。