2010年01月30日

<川内原発>作業員3人が感電、重傷 放射能漏れなどはなし(毎日新聞)

 29日午前7時7分、九州電力川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市久見崎町)の1号機(加圧水型軽水炉、89万キロワット)タービン建屋内で、定期検査作業中の作業員3人が感電し、鹿児島市内の病院に搬送された。薩摩川内市消防局によると、3人とも全身にやけどを負い、重傷とみられるが、意識はあるという。

 1号機は4日から定検中で原子炉は停止している。原子力安全保安院は「放射能漏れなどの心配はない」と説明している。

 九電によると、3人は電気設備の点検のため、タービン建屋内の電気室で作業しており、放電(アース)作業中に火花が発生し、感電したらしい。3人のうち1人は社員の男性(36)。2人は関連会社の西日本プラント工業社員(29)と、西日本技術開発社員(33)という。【馬場茂、福岡静哉、黒澤敬太郎】

【関連ニュース】
ラグビー:1位の三洋、2季ぶり1位通過 トップL最終節
陥没:道路に直径3M、燃えた送電線が原因か 北九州
なるほドリ:原発の定期検査って何? /鹿児島
原子力防災訓練:川内原発で放射能漏れ事故想定 住民ら89機関参加 /鹿児島
鹿児島・川内原発:3号機増設 九電、経産相に評価書提出

GM、ウィッテーカー会長がCEOに正式就任(レスポンス)
<津市長選>告示 新人と現職一騎打ちに(毎日新聞)
<わいせつDVD>販売容疑で元組幹部ら逮捕へ 愛知(毎日新聞)
在外公館の文書開示遅れ、やむを得ない…仙台高裁(読売新聞)
参院予算委 自民党のヤジに亀井氏「うるさい」 審議中断(毎日新聞)
posted by ヤハギ マサユキ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。