2010年06月18日

<小沢前幹事長>「よみがえりの道」熊野古道を散策(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎前幹事長は12日、和歌山県の世界遺産・熊野古道を訪れ、約20分間、険しい山道を散策した。「よみがえりの道」とされる熊野古道。小沢前幹事長はその歴史に触れ、「私個人も民主党も、もっと辛抱強く我慢して努力を重ねると、また国民の皆さんの信頼を勝ち取ることができる。身も心も洗われ、再生する」と心境を述べた。

 小沢前幹事長はまず、同県田辺市の「中辺路(なかへち)・滝尻王子」を参拝。その後、同行のガイドから解説を受けながら、党県連幹部らと共に草木に覆われた古道に入った。小沢前幹事長はスーツに革靴姿。04年7月、年金未加入騒動に絡み、頭を丸めて白装束につえという「お遍路スタイル」で四国霊場を巡った菅直人首相とは対照的なスタイルだ。

 「ポジションには固執していない。私を捨てて、あらゆることに取り組むことが改めて大事だと分かった」と終始、にこやかだった小沢前幹事長。「(熊野古道には)一度、来てみたかった。参院選後には体をきたえて、本宮(熊野本宮大社)まで歩きたい」と意欲も見せた。一方、急上昇した内閣支持率に質問が及ぶと「国民がよろしいと判断してくれればそれでいい」と表情は神妙になった。【平野光芳】

【関連ニュース】
駅弁季語:熊野古道弁当〜JR紀勢線新宮駅、紀伊勝浦駅(和歌山県)
懐かしの味:郷土料理百選から めはりずし−−和歌山
我輩はたまである ローカル線の猫駅長/2
私だけのふるさと:辻原登さん 和歌山県印南町
和歌る?紀になる!:樹木医も都市集中化 「木の国」なのに10人… /和歌山

石綿「家庭内暴露」 従業員の妻が死亡(産経新聞)
九州北部と山口が梅雨入り 平年より7日遅く(産経新聞)
<福島県飯舘村>1回500円で村民にEV貸し出し(毎日新聞)
<火災>住宅全焼で夫婦?死亡 浜松(毎日新聞)
宮城県警、廃品業者を家宅捜索=回収で高額請求、消費者庁も立ち入り(時事通信)
posted by ヤハギ マサユキ at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。